冷えを遠ざけるためのポジティプ思考

価値の善悪をオセロゲームと考える

この世のすべては、「オセロゲーム」と同じだと考えてみたらどうでしょうか。白ひっくり返せば、一瞬にして黒になり、その黒も、白と白ではさんでしまえば、再び白になるこれが世間なのです。
そして、自分の心でもあります。世間も心もオセロゲームだと考えましょう。それは「絶対だ」という思い込みをなくしてくれます。

自分を相対化することができ、冷え切った心に温風を吹き込む大きな効果があります。もともとストレスは「ものごとをマイナスに受け取る」ことで起こるものです。マイナスに受け取るかどうかは、本人が決めているのです。

つまり、ほとんどの場合、ストレスは自分で生み出しているわけです。プラス思考とマイナス思考も同じです。どんなことでも、プラスの視点で見れば、よいできごとに見え、心を温めますが、マイマスの視点で見れば、つらく苦しいできごとに見え、心が冷え冷えとしてきてしまいます。

よい方向から見れば、それまで自分を苦しめていた欠点も反転して、長所に見えてきます。マイナス思考にこり固まり、なんでもネガティブに受け取っていた人が、考え方を変えるだけでプラス思考になり、なんでもポジティプに受け取るようになれるのです。

弱みで自分を見ないコツ

まず試しに、自分の嫌なところや欠点を書き出してみましょう。たとえば、こんなところがありませんか。

  1. NOが言えない
  2. せっかち
  3. 臆病
  4. 悲観的・暗い
  5. 社交性がない
  6. 嫉妬深い
  7. 自己中心的
  8. だらしがない
  9. あわてもの・おっちょこちょい
  10. お調子者・八方美人
  11. おしゃべりで口が軽い
  12. 融通がきかず頑固
  13. 何をやってもつまらない

そしてこの13項目に反対するのは

  1. 寛容
  2. 発展的
  3. 慎重
  4. 落ちている・浮ついてない
  5. 自分をしっかり持っている・付和雷同しない
  6. 自分が好きで向上心がある
  7. 自分を大事にできる
  8. 細かいことを気にしない
  9. 思いつめない。気楽な性格
  10. 好かれやすい。つき合いが広い
  11. 明朗快活
  12. まじめで意志が強い
  13. 理想が高い

上と下では、同じ性格・特徴の表現を変えただけです。あらゆる性格・特徴も、両面をもっているということです。

あるマナー講習会では「人を見たら、長所を10個探す習慣をつけなさい」と教えています。これは、さっそく採り入れてみるといいでしょう。
この習慣が身につけば、どんな人ともよい関係をつくつていけるようになります。自己評価のオセロゲームが身についてくると、他人を見る時も、自然にオセロゲーム発想になれるのです。長所と短所は表と裏。どっちの面から見るかという問題です。

よいところを探す視線で見れば、どんな人でも、よいところが目につくでしょう。よいところが多いと思うと、つき合いはよい雰囲気でスタートします。
ものごとは連環していくので、人間関係はどんどんよい方向に進んでいきます。夫婦げんかのたびに「自分は妥協的すぎる。いつでも自分が謝ってしまう。そんな自分が情けない」と悩んでいたある男性に、「自分はそれだけ心が大きいのです。

相手を受け入れることができる寛容な人間なのだ、と考えてみてはいかがですか」とお話したことがあります。そして、この自己評価のオセロゲームをご紹介したところ、すっかり乗り気になり、それからはなんでも見方を変えてみることに熱中したそうです。

その結果、この方は、どんなこともプラス面からとらえる習慣が身につき、いまでは「自分のことを好きですか?」とお尋ねすると、「まあ、嫌いになってもしょうがないし… 」と照れながら、自分を好きだといい切るまでになっています。こうなれば、もう、押し潰されるほどのストレスは感じなくなっているはずです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください