うつにならないためには食習慣がとても大事

厚生労働省が行った調査では、うつ病の有病率は6.7%であり、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があると報告されています)。うつ病という病気は誰もがかかる可能性のある病気です。
うつ病患者さんは年々増加しており、2008年にはうつ病と躁うつ病(双極性障害)とあわせて100万人以上になったといわれています。
うつにならないためにはどうしたらいいのでしょうか?
実は、うつにならないようにするためには、とても簡単です。食事や生活習慣に注意を払い、心身共に健康を維持することです。特に食習慣はとても大事なので、栄養バランスをしっかり考えた食事を1日3回食べることがとても大切です。
自律神経を安定させることがとても大切なので、食事や睡眠はとても重要です。

関連サイト:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください