おすすめの糖質制限ダイエット

ダイエットを繰り返し、そのたびにリバウンドを経験している人は、とても多く、ダイエットは成功しないものだと思ってしまっている人も多いでしょう。けれど、それは「間違ったダイエット法」を取り入れているからにほかならないのです。そこに気づかないと、いつまでも無駄なダイエットを繰り返すことになってしまうのです。

ダイエットは、「痩せてきれいになりたい」という欲求を満たすものだけではありません。いわゆる「メタボ」対策で、その必要性を医師から告げられている人も多いのです。
糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞といった生活習慣病は、自ら積極的に予防しなければならない時代です。ひと昔前、アメリカでは国をあげて「脂肪制限」を打ち出しました。肉食中心のアメリカの食生活は肥満を増加させ、糖尿病や心筋梗塞など、さまざまな疾患を誘発するものだとの見解からでした。

ところが、近年になってその制限に有効性のないことが、次々に発表されているのです。全米健康調査によると、脂肪の摂取量は1971年(36.9%)より、2000年( 32.8%)のほうが減っているにもかかわらず、肥満率は、逆に激増しているのです。このデータにあらわれていたのは、糖質の摂聖旦の増加だった。肥満率の激増との因果関係を示したものです。

しかも、米国疾病管理予防センターが発表したところによると、糖尿病の患者数が増加の一途だというのです。1995年で800万人だったものが、2005年では2080万人、2007年には2400万人という、驚くべき増加の数値が出されているのです。

脂肪制限食は一時的に体重を下げるが、長期的に見ると、心臓疾患のリスクを軽減するというそれまでの定説には否定的だとしています。これまで肥満にとっての最大のターゲットは「脂肪」だと考えられてきたのが、いまその常識が覆されつつあるのです。

実際に、さまざまなダイエット法を1年間追って調べられた結果が、アメリカの医師会雑誌『JAMA』に発表されている。この雑誌は権威ある雑誌として知られ、はっきりと裏づけられた論文しか載せないことで知られるのですが、ここに掲載されたデータによると、4つのダイエット法を追跡した結果、「糖質制限」したダイエット法が、もっとも体重を減少させ、善玉コレステロールを上げて、中性脂肪を下げることがあきらかになったのです。

つまり、糖質制限ダイエットこそ、「現代病」を予防しながら体重を減少させるもっとも有効な方法であると、発表したのです。一時期、日本人の肥満傾向やさまざまな疾病の発現は「食の欧米化」が原因とされたことがありました。動物性のたんばく質を摂るようになって、日本人にはガンを始めとした病気が増えてきたのです。

動物性のたんぱく質を摂るようになり、日本人にはガンをはじめとした病気が増えてきたのです。しかし、現在の研究ではそれが否定されはじめているのです。肥満を増加させているのは、「糖質」だということがわかってきたのです。さまざまな機関から発表されるデータ一夕のすべては、そのことを指し示しているのです。ダイエットを考えるなら、糖質摂取を下げて、たんばく質と脂質でしっかりとカロリーをとるのが正解です。

もちろん、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまっては減量が達成できないのは、基本」として忘れてはいけません。ただしこれらの事実は、日本の医師にはあまり知られておらず、残念ながら糖質制限ダイエットに否定的な勉強不足の医師が多いのも事実です。

糖質制限食10か条
http://www5e.biglobe.ne.jp/~syotenti/dir/low/index.html

うつにならないためには食習慣がとても大事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください