女性のほうが 自律神経失調症 にかかりやすい

近年、かかる人が増加している 自律神経失調症 ですが、男性よりも女性のほうが多いといわれる理由について触れたいと思います。

自律神経失調症 はホルモンバランスと関連性がある

自律神経失調症になるのは、男性より女性が圧倒的に多いものです。女性は、月経前後はもちろんのこと、妊娠や出産などによってもホルモン分泌のバランスが乱れます。
このホルモンの分泌を調節しているのが脳にある視床下部というところです。ここは、自律神経の働きをコントロールしている「指令部」でもあります。ホルモン分泌のバランスが乱れると、それに影響されて自律神経にも乱れが出てきます。そのため、女性は神経失調症になりやすいのです。更年期の女性の自律神経失調症を「 更年期障害 」といいますが、これは、卵巣の老化に伴うホルモンの分泌量低下が原因となって起こります。卵巣の老化は、早い人で35 歳前後から始まります。

男性にも更年期障害がある

更年期障害というと、閉経期に見られる女性特有の症状と考えられていますが、最近は中高年の男性にも同じような症状を訴える人が増えています。
男性の場合は、女性ほどの急激なホルモン分泌の変化はありませんが、老化やストレスによって心身のバランスが乱れ、自律神経失調症状が現れます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください