アロマで神経を鎮めリラックスする

ハーブの香りが心身をリラックス

アロマテラピー(芳香療法) は、ヨーロッパに古くから伝わる民間療法の1 つで、香りで心身を穏やかにして自然治癒力を高める健康法です。植物に含まれているさまざまな薬効成分を抽出したエッセンシャルオイルをかいだり、マッサージに使ったり、浴槽に数滴たらすなどの方法で、心身を活性化させるわけです。エッセンシャルオイルの薬効成分は、香りとなって鼻から吸収され、脳神経に直揆働きかけます。
マッサージするとき肌にぬったnソ、バスオイルとして使えば、直接皮膚から吸収されます。たとえば、ラベンダーの香りには、神経をしずめる効果のあるセロトニンという物質を、脳から分泌させる働きあるといわれています。
ラベンダーの特徴と作用、注意点 | アロマテラピーの効能・効果に詳しい働きが紹介されています。
また、柑橘系の香りには、精神的な不安やうつ状態を解消する働きがあるといわれています。効能が科学的に証明されているのはまだほんの一部ですが、自分の好きな香りを生活にとり入れれば、心にうるおいもプラスされます。治療のためというよりも、心身のリフレッシュや、ストレス解消の1 つの方法として利用するのもいいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です