「素直な欲望」に耳を傾けよう

政治家やお坊さんが長生きの理由は

古今東西の昔話では、カネや権力に目がくらんだ「ごうつくぼり」は、どこかで天罰を受けるなり、改心するなり、痛い目に遭うのが定番です。そういうストーリーを読んで、人のいい人間はスカっとするものです。

テレビ番組でも、悪大名が主役にこらしめられる勧善懲悪の時代劇は人気です。その「悪」とは、決してコソ泥程度の人物ではなく、カネや権力をふりかざした、これも典型的な人物です。

しかし、現実は、カネと権力を握った人ほど健康長寿と言えるでしょう。大企業や大組織で、独裁者とか老害などとささやかれながらもトップに君臨し続ける例はいくらでもあります。

政治家を見てください。70代、80 代でもピンピン、ギラギラしている人のなんと多いことか。昔から長寿の職業として知られるのは僧侶です。

10種の職業に分けた場合、長寿の順に、宗教家、実業家、政治家となっており、寿命が短い職業としては、詩人、小説家、芸術家が並んでいます。

歴史的に見ても、「人生50年」だった戦国時代、天台宗の僧侶・天海は、徳川家康の側近として信頼を得てから3代将軍家光まで仕え、10 7歳で没したと伝えられています。

ほかにも親鸞89歳、一休88歳、蓮如85歳と長寿者ぞろいです。お坊さんが長寿の理由は、心身の厳しい修行をこなし、過食に陥らず生活リズムもきちんとして、精神的に安定している、など理由はいろいろ考えられます。

ただ、カネと権力とはまったく無縁の清貧の世界ではないか、というと実はそうでもありません。宗教界は、宗派内や宗派同士の対立など、水面下では激しい権力争いがくり広げられている闘争社会。その世界でのし上がってきた高僧は、たいてい強烈な個性を持った人物です。

不良長寿の例として、よくお坊さんが登場します。いろいろな分野の方にお目にかかる中でも、お坊さん、特に偉いお坊さんほど、自分に正直に生き、活力もあって話が面白いものです。カネや権力は、人をこの世につなぎとめる強力な磁石となりうるのです。政治家や僧侶に限らず、普通の人も、清貧の暮らしなどと憧れないで、欲を持って生きたほうが健康になります。

また、大きな借金を背負うと寿命が縮みそうですが、カネのことに追われていると意外と長生きするものです。著名人でも、借金をはね返してたくましく生き延びる人が多いものです。

うつ病は、異性の目を気にしなくなる

独身ひとり暮らしの男性は要注意

スケベであるかないかにかかわらず、男性は、奥さんでも娘でも恋人でも、女性がそばにいるほうが長生きである、という話があります。

70歳ぐらいの男性で、奥さんに先立たれた人や身近に女っ気のない人は、数年であの世からお迎えがきてしまうという報告がいろいろされています。

最近は、男性でも女性でも結婚しない人が増えています。統計を見ても、1980年代以降はどの世代の未婚率も急上昇し、2010年の生涯未婚率(50歳時の未婚率 は、男性が20 %、女性が10%にも達しています。

これにはさまざまな事情があり、価値観も多様化している時代ですから、独身が悪いわけではありません。ただ、独身者は既婚者に比べて明らかに短命である、というデータがあります。

国立社会保障・人口問題研究所の統計資料によると、40歳時点での平均寿命は、既婚女性が85.28歳に対し、未婚女性は777.18歳。既婚男性の79.6歳に対し、未婚男性は70.42歳。

女性は平均寿命に約8歳の差、男性は約9歳もの差があるというのです。しかも、40歳時点でもっとも平均寿命が短かったのは、配偶者と離別した独身男性で、68.72歳。夫婦円満に暮らす男性より、10歳以上寿命が短いというわけです。

男性の一人暮らしは生活が乱れやすく、服装も食事もどうでもよくなる。酒の飲みすぎや栄養の偏りで健康を壊しがちです。

女性がそばにいてうるさく言ってくれないと、だらしない生活に歯止めがかからなくなり、そうして生きる意欲も失っていくのでしょうか。

一方、女性は、夫と離別・死別しても、未婚女性よりは寿命が長かったのです。女性は旦那がいなくても、一人でちゃんと暮らせますし、友人や社会とのつながりもうまく保てます。むしろストレスになる夫とは別れてスッキリ、というところかもしれません。

中高年になっても一緒に暮らしてくれる女性がいる男性は、大いに感謝して、大切にすべきでしょう。長生きしたい男性で奥さんがいない人は、なんとしても一緒に暮らしてくれる女性を探してください。

古女房でも若い子でもいい。女性がそばにいて口うるさいと、ほどよい緊張感が保てるのですね。過度に緊張しても、逆にだらけすぎてもいけません。適度な緊張が望ましいのです。

身近に女っ気があることが大事。そうすれば、身だしなみにも気を遣いますし、生活にハリが出てくるというものです。アメリカの老人ホームで一定水準以上のところは、夕食時にみんな正装するといいます。すると、気持ちのハリが違ってくるのでしょう。変な格好でだらけているより、きちんとした身だしなみをしていたほうがいいことは、老人ホームのデータからも明らかです。

やはりどんなときでも人の目を気にしたほうがいい。そのためにも、異性の存在が重要なのです。また、病気の治療にはゴールデンタイムというものがあり、脳梗塞は発病から3時間以内ならかなり積極的な治療ができます。元サッカー日本代表監督のオシム氏は、千葉県浦安市の自宅で脳梗塞によって倒れましたが、順天堂大学浦安病院に運び込まれ、3時間以内に治療を開始できたおかげか、一時は危なかったものの見事に回復されましたね。

ですから、60歳を超えたら、そばにいざというときに電話のできる人をおいておくこと。そういうことからも身近な女性は必要です。籍が入っているかどうかは、どうだっていいのです。

イライラは、我慢すると「毒」になる

たまには「心のガス抜き」が必要

感情を抑えこんでしまうこととも体によくありません。人とのトラブルを避け、何事も穏便に済ませたいという意識が働くためか、怒りや不快感や悲しみといったマイナスの感情ほど、我慢して飲み込みがちです。

イラッときたときに食べる!飲む!でストレスを発散している方のための「夜食酵素」サプリメント +non(プラスノン

しかし、感情を抑えている人は、突然イライラがこみ上げてくることがあります。そういうときには過度に交感神経が緊張し、病気になったり事故に遭ったりしやすいものです。

アメリカのミズーリ州で、救急外来患者に行なったアンケート調査があります。負傷して病院に運ばれた25 17人中、ほぼ3分の1は、事故に遭う前にイライラしていたことがわかりました。さらに、18.1 %は怒っていて、13.2 %は誰かに腹を立てていたそうです。これは経験的にも納得できることでしょう。

イライラしていれば、周囲に対する注意力は落ちますし、つい行動が乱暴になるものです。イライラとケガの関係は、女性より男性のほうがはるかに強いこともわかっています。感情はため込めばため込むほど、爆発力が大きくなるもの。そして病気や事故の原因になってしまいます。それを防ぐには、その都度小出しにしておくべきです。心理学的には、「外面化」という自己防衛反応があります。「外面化」と言うと難し聞こえますが、心にわき上がった感情を吐き出すことで心身のバランスを保つのです。

悲しいときには思い切り泣き、腹が立ったらドカンと怒り、愚痴も不満もどんどんこぽし、そしてさっさと忘れる。自分の感情にもっと正直になりましょう。

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学では、1974年から30年間にわたって900名の医学生を追跡調査しました。それによると、青年期から中年期にがんを発症した人は、幼少期になんらかの事情で親に甘えることができなかったため、大人になってからも、穏やかな仮面の下に感情を抑圧しているタイプが多かったといいます。

このほかに、感情を吐き出してストレスを発散させることが、がんの進行に与える影響を調べた実験もあります。アメリカのスタンフォード大学精神科のデヴィッド・スピーゲル博士が、50 人のがん患者に対し、カウンセリングを受けるグループと受けないグループに分けて、経過を観察しました。

その結果、カウンセリングを受けたグループの平均余命が36.9 ヶ月だったのに対し、受けなかったグループのほうは18.9 ヶ月と、半分しかなかったのです。

カウンセリングというのは、相談する側が心情を吐露することです。がん患者がカウンセリングを受けることで感情を表に出し、ストレスを発散させることが、がんの進行を遅らせ、寿命を伸ばすことにつながったのです。

免疫力は、ストレスや感情のあり方に大きく左右されます。嫌われたらどうしよう、バカにされたらどうしようと、ヒヤヒヤしながら感情を抑え込めば、二重にストレスを抱え込むだけです。嫌われてもいい、負けてもいい、自分に正直に生きていけばストレスは激減です。それで免疫力が高まってうつを防ぎ健康になるなら言うことなしです。

他人のペースではなく自分のペースで