自律神経を整えると、相手の態勢が変わる

誰でも自分の話は「聞いてもらいたい」「理解してもらいたい」と思っています。そのためにもっとも大事なのは「相手が聞く状態になっていること」です。

話を聞く
話を聞く

たとえば、病状について説明するとします。ところが、その患者さんが不安を抱え、軽いパニック状態に陥っているとしたら、病状の説明などしてもまったく伝わりません。

話をするうえでなによりも必要なのは、相手が落ち着いて、聞く態勢を整えていること。もっといえば、相手の副交感神経を高め、血流を良くすることが、話を聞いてもらう最大のコツなのです。

ときどき、上司が部下に早口でまくし立てている状況があります。指導なのか、指示なのかわかりませんが、はっきりいってあれはまったく無意味です。

双方にとって何のメリットもありません。早口でまくし立てる方は、当然交感神経が跳ね上がっていますから、冷静な判断力を失い、「本当に言うべきこと」を正しく口に出せていない状態です。

一方、話を聞いている(と思われる) 部下のほうも、交感神経が高ぶっているので、情報をキャッチし、咀嚼する準備ができていません。結局は、感情を吐き出しているだけで、何の効果も得られません。

「ゆっくり」は緊張を解く最大の近道

そもそも、自律神経とは周囲に伝染するものです。何かの発表を前に緊張している人がそばにいると、つられて自分も緊張してしまう。そんな経験があるでしょう。

あれこそまさに自律神経(の乱れ)が伝染しているのです。つまり、話を聞いてもらうには、まず自分の副交感神経を高め、その落ち着いた状態を相手に移していく必要があります。

その際に、もっとも効果的なのが「ゆっくり話す」ということ。まずはあなたが話すスピードを意識的に少し落としてみてください。これだけでも「相手との関係」「相手の聞く姿勢」にかなりの違いが出てきます。

「ゆっくり話そう」と意識することがとても大事。その意識が生まれた瞬間から、自律神経は整いはじめるからです。

この状態になってしまえば、あなたはすでに落ち着きを取り戻し、その状態は相手にも伝わっていきます。1対1で話すとき、会議で発言するとき、大勢の前で発表するときなど、どんな場面でも話しはじめる一瞬前に、「ゆっくり話そう」と自分に対してつぶやいてください。

そうやって自分に意識づけをして、暗示をかけるのです。それだけで副交感神経が上がり、話すほうも、聞くほうも、多少は緊張がほぐれます。「話のうまい人」というと、早口でベラベラしゃべっているイメージを持っているかもしれませんが、注意深く観察してみると、本当に演説のうまい人、人を説得するのが得意な人はど「大事なことはゆっくり」話しています。

感情や思いを発散したいならともかく、内容をきちんと伝えたいなら、ぜひゆっくり話してください。これこそ医学的な見地から見たコミュニケーションのコツです。

すべての基本は誰も信じない

健康法」のなかで「人間関係」を語るなんて違和感を覚える人もいるかもしれませんが、人間関係の問題は自律神経にとってもっとも手強い敵といえます。

たとえば恋愛。恋愛の善し悪しを語るつもりはありませんが、「自律神経を整える」という目的だけを考えるなら恋愛などしないに限ります。

本気で人を好きになれば、当然交感神経は跳ね上がります。まして、自分の恋人(あるいは妻や夫)が「浮気しているんじゃないか」と疑っていたら、交感神経が跳ね上がり、夜眠れないのも当然です。

恋愛
恋愛

すると、副交感神経が十分に上がらないまま翌日を迎え、体調はすぐれず、仕事の効率も、集中力も落としてしまいます。恋愛は極端な例の1つですが、とかく対人関係は自律神経を大きく乱す要因になります。

仕事を部下に指示するとき、「どうして、コイツはこんなに物わかりが悪いのだろう」と思った瞬間、血液はドロドロになり、交感神経は上がります。結果、血流が悪くなり、脳に十分なブドウ糖が供給されず、自分の判断力も低下し、感情のコントロールもきかなくります。

すると当然、「何でオマエはそんなにバカなんだ」と声を荒げてしまうのです。そうやってさらに交感神経を高めてしまった結果、周囲の緊張度も増し、職場全体の自律神経のバランスを崩してしまうでしょう。まさに、最悪の連鎖です。

決して他人事ではないでしょう。「健康と人間関係」はとても密接につながり、影響し合っているものなのです。

渡英初日に言われた衝撃的な言葉

人間関係の問題を考えるとき、私はいつも1つの言葉を胸に置いています。それは「Don’t believe anybody」という言葉。「誰も信じるな! 」なんて冷たい人間のように感じられるかもしれませんが、この言葉には深い意味が込められています。

イギリスの病院で働いているとき、こんなことがありました。じつは、私が渡英した初日、ある医師が最初に言ったのがこの「Don’t believe anybody」でした。

その医師は、日本からやってきた私に出会ったその日、私の人間性も、仕事ぶりもまるで知らないうちに「私はオマエのことなど信用しない」、そう言い放ったのです。もちろん私は「なんて嫌なヤツなんだ」と思いました。

初対面でそんなことを言うなんて、どう考えても非常識です。しかし、彼は構わずこう続けました。「今、オマエに外科の基本を教えてやろう。それは「Don’t believe anybody」正直、その場では言葉の真意を理解することはできませんでした。

ですが、それから彼と一緒に仕事をするなかで、そしてその後の人生を歩んでいくなかで「なるほど、確かに「Don’t believe anybody」だと心の底から納得できるようになりました。

私たち外科医は手術に臨む際、最終的な責任をすべて自分で負わなければなりません。そして、命にかかわる極限の現場では「動揺すること」は絶対に許されません。

動揺し、自律神経が乱れ、判断を誤れば、それは「患者の死」を意味するからです。しかし、どんな場面でも小さなミスや想定外の出来事は起こります。

オペ室だって例外ではありません。そのときに、自分の感情をもっとも大きく揺さぶるのは何か。それは「他人の初歩的なミス」です。きっとあなたにも経験があるでしょう。もっとも大事な局面で、誰かが初歩的なミスをします。

そんな瞬間に出会ってしまうと、「何でそんな簡単なミスをするんだ」「どうして、そんな初歩的な部分を見落としたんだ」「そのくらい準備をしておくのは当然だろ!」と怒りがマックスに達します。

はらわたが煮えくりかえるとは、このことです。ですが、この怒りは患者にとってまったく良い結果を生みません。どんなに怒り狂っても、事態は好転しないからです。

ミスやトラブルが起こったときに必要なのは、最善の策を選択し、実行する冷静な頭脳。言い換えるなら、副交感神経が高まり、血流が良くなっている状態」こそが必要なのです。

その状態をつくつてくれるのが「Don’t believe anybody」という思想です。誰が、どんなミスをしたところで、結局は「それを信用した自分」が悪いのでいさぎよす。その潔い覚悟があれば、準備やチェックを万全にしますし、何かが起こったときにも冷静さを保つことができます。今でもこの言葉をとても大事にしています。

脳がクールであれば悩みは半減する

「誰も信じない」とは、とてもクールなようですが、決して人間関係を冷ややかにするものではありません。あくまでも自分の頭脳をクールに保ち、自律神経を安定させるためにある言葉(思想)です。

人の上に立ち、さまざまなトラブルに見舞われる機会の多い人にこそ「Don’t believe anybody」という思想を持ってほしいと思います。

「オレはオマエのことを信用していない」とわざわざ言う必要はありませんが、心のなかでは「Don’t believe anybody」を意識し、何かあったときには冷静に対処する。そのくらいの心の準備(あるいは覚悟)が必要です。

情緒的には「人を信じる」のも素晴らしいですが、医学的には「Don’t believe anybody」がおすすめです。そのくらい頭脳がクールであれば、人間関係の問題で悩む機会は減るはずです。

「ゆっくり生きる」という目的に対し、「誰も信じない」という思想を持つのは、いささか違和感があるかもしれません。しかし、私は「Don’t believe anybody」という思いがあるからこそ、冷静ざを保ち、「常にゆっくり」を意識できているのです。

健康法とは「悪い連鎖を断ち、良い連鎖をつくること

「究極の健康法」についてはこう考えています。じつはこれがとても大事な考え方です。結論からいって、究極の健康法とは「悪い連鎖を断ち切り、良い連鎖をつくること」だと考えています。

この「連鎖」という考え方こそ、健康維持に欠かせない要素です。

連鎖
連鎖

たとえば、「睡眠」について語りました。そこを読むことで「良い睡眠にはこんな効果があって、こんなふうに睡眠をとるべきだ」という内容を理解してもらえると思います。

食事についても同様で、「健康的な食事の摂り方」「食事に対する考え方」がしっかりと身につくはずです。しかし、ここからが問題です。

睡眠や食事などについてを実践すれば、確かに健康的になります。それは間違いありません。ですが、ここでリアルに、正直に、あなたの日常を振り返ってみてください。1年365日、十分な睡眠をとり、理想的な食事をすることなどできるでしょうか。

はっきりいってこれは、不可能です。あなたが(もちろん私も) 普通に生活していれば、睡眠不足になる日もあれば、つい食べすぎてしまうことも当然あります。

それが日常というものです。そうやってときどきやってしまう睡眠不足や食べすぎによって、私たちの自律神経は乱れ、肉体的にも、精神的にもさまざまな問題を起こしてしまうのです。

さらには、仕事や家事、人間関係にも悪影響を及ぼし、不安や悩みを増大させてしまうのです。現実的にいって、それは避けられないことです。ですが、そんなときこそ「究極の健康法」を思い出してはしいのです。

いかに悪い連鎖を断ち、良い連鎖をつくれるか。この発想を持って「自分の体をリセットする」、あるいは「良い連鎖につくり直す」ことこそ、もっとも大事な健康意識なのです。

小さなリカバリーの意識で悪い連鎖を断つ

私はこれまで「睡眠」「食事」「健康チェック」など、さまざまな健康習慣が存在しますが、その1つ1つが独立しているのではなく、すべてがつながって1つの大きな健康習慣を形成している」ということをぜひとも理解すべきでしょう。

たとえば、「寝る3時間前に夕食を終える」のが理想ですが、夕食が遅くなった日はどうしても睡眠の質が悪くなり、翌朝はいつも以上に副交感神経のレベルが下がっています。消化にエネルギーが使われてしまうからです。

副交感神経が下がっていると、仕事でも集中力が下がりがちで、感情の抑制もきかないので、対人関係のトラブルを引き起こす可能性も高まっています。

そんなとき「悪い連鎖を断ち切る」という発想があれば、翌朝はいつも以上に「ゆっくり」を意識して、「これ以上副交感神経が下がらないようにしよう」と気をつけることができます。

この「小さなリカバリーの意識」こそ、私がもっとも大事にする部分。自分の状態を認識し、「リカバリーしよう」という意識があれば、「1対2の呼吸」をしたり、「意識して水を飲む」ことをしながら自律神経をコントロールすることができます。さらに、そんな日の夜は「良い睡眠」に向かって、意識的に、より気をつけて準備をすることもできます。

そうすれば、翌日の朝は良い状態で目覚め、「良い連鎖」をスタートさせることができます。究極の健康法として、私が伝えたいのはまさに「この連鎖の考え方」。

私は何も、1つ1つの習慣を徹底的に守ってはしいのではありません。その連なりを理解し、リカバリーする意識を持ってはしいのです。それこそが「日常生活に即した本当の健康法」だからです。
睡眠が遅くなってしまった人は『リカバリーウェア』がおすすめです。また、夜遅い時間に糖質を摂り過ぎてしまうなら『糖質カット酵母「パクパク 酵母くん」』もおすすめです。

仕事の最後の1ヶ所だけ片付ける「リセット」方法

机の周囲や引き出しの中を整理整頓したら精神的に落ち着くようになった。そんな経験は誰にでもあるでしょう。事実、片付けは、副交感神経を高め、気持ちを落ち着かせる効果があります。掃除が趣味な女性はそんな落ち着く気持ちが心地いいから熱心に行うのでしょう。

あなたのデスク周りはきれいに片づいていますか?ひどく散らかっている人も多いのではないでしょうか。だからといって、ここで私は「徹底的に片づけをしましょう」といいたいのではありません。

散らかったデスク
散らかったデスク

ここで私がおすすめするのは、「仕事を終えて帰る前に1ヶ所だけ片づける」という習慣です。ポイントは「1ヶ所だけ」という部分。本当にたった1ヶ所だけでいいのです。

片づけの目的は自律神経を整えること

そもそもこの習慣の目的は、身の周りを整理整頓することではなく、あくまでも自律神経を整えること。1日働いていれば、当然私たちの交感神経は高まっています。

そして、夕方から夜にかけて副交感神経優位の時間へと切り替わっていくのですが、年齢を重ねるとともに「なかなか副交感神経が上がらない」という問題に直面します。

すると、体がリセットされる(副交感神経が高まる)ことなく夜を迎え、結果として疲れが抜けないまま明日を迎えるという悪循環が始まってしまいます。

そこでおすすめしたいのが「帰る前に1ヶ所だけ片づける」という方法。時間にしてせいぜい10~15分くらい。今日は引き出しの一番上、明日は二番目、明後日は机の上のペンケースなど、

本当に1ヶ所だけを片づけます。片づけに30分以上かけるとしたら、それはあきらかにやりすぎ。世にある「片づけ本」のなかには「やるときは一気にやってしまいましょう」と教えているものもありますが、自律神経を準えるには、毎日ちょっとだけ片づけるはうが効果的です。

あくまでも、片づけとは「自律神経を撃えるスイッチ」なのです。その意識を忘れて、夢中で片づけに没頭しないでください。あんまりたくさん片づけようとすると、「あれもやらなきや」「あそこも汚い」「この棚もずいぶん整理していない」など「やらなければいけないこと」が次々と浮かび上がってきます。

その瞬間、交感神経が高まり、自律神経は乱れはじめます。「あれもやらなきや、これもやらなきや」というのは一種の不安状態をつくり出し、体に悪影響を及ぼします。

これでは本末転倒です。1日の仕事のクールダウンをする気持ちで、15分ほど片づける。それで十分です。もっといえば、財布の中身を一旦全部取り出して、きちんと整理して入れ直す朋だけでも副交感神経が上がってきます。

ぜひとも夕方の習慣に取り入れてください。昔からいわれていることですが、どうも日本人はメリハリが苦手で、仕事が終わっても、なかなか仕事モードが抜けません。

それだけ副交感神経が上がりにくいというわけです。国民性や文化、生活習慣を急に変えることはむずかしいでしょうが、その手始めとして「帰る前に1ヶ所だけ片づける」という習慣は取り入れやすいのではないでしょうか。
ちょうどいいリセットになるはずです。

「意識して飲む水(ミネラルウォーター) 」の効果は全く違う

ここでおすすめするのは「意識して水を毎日1.5リットル飲む」という習慣。そもそも人間の体は1日に3~4リットルの水分を必要としています。

2リットル以上の水を飲む習慣が大切

ただし、これは食べ物も含めた水分量なので、いわゆる「飲料」として飲むのはその半分くらいと考えていいでしょう。特に夏場は熱中症などの危険もあって脱水にならないように注意が必要ですが、自律神経にとっても脱水症状は大敵。脱水症状になると副交感神経のレベルが低下し、血流が悪くなり、体にさまざまな悪影響を及ぼします。

1日に1500ccの水を飲む
1日に1500ccの水を飲む

その一方で、水を飲むと「胃・結腸反射」が高まるという効果があります。簡単にいえば、水で刺激を与えることで、胃腸が活発に活動を始めるということです。

朝、目がさめてすぐにコップ1杯の水を飲むというのは、脱水症状を防ぐことと、胃腸のスイッチを入れることの、2つの役割があります。いずれにしても自律神経のバランスを整えるには、意識して水を飲むことが大切です。

全身に水が行き渡るイメージを持つ

ここまで私は「意識して水を飲む」と表現してきましたが、この「意識して」という部分が意外に重要。自律神経という側面から見ると、「何気なく水を飲む」のと「意識して水を飲む」のとでは、はっきり数値が違ってくるからです。

ここが自律神経のおもしろいところ。「全身に水分が行き渡り、胃腸が活発に活動を始め、サラサラな血液が細胞の1つひとつに届いている」ことをイメージしながら水を飲むと、それだけ効果が高まるのです。

本当に不思議ですが、自律神経とはそのくらい「人の意識」と密接につながっているのです。ですから、

私は「1日1.5リットルの水を、意識して飲む習慣」をつけてほしいと訴えるのです。「1対2の呼吸」のところでも話しましたが、呼吸するのも、水を飲むのも、意識することでより効果的に副交感神経を高めることができます。

「緊張している」「興奮している」「感情的になっている」など、いわゆる交感神経ばかりが高まっている状態のときは、全身に水分が行き渡るイメージを持ちつつ1杯の水をゆっくり飲んでみてください。それだけで体の状態は一変します。

日本人は、軟水だと口当たりがよくおいしく飲めます。国産の超軟水一覧はこちら