医学的にも実証されている「笑顔の魔法」

「笑顔でいると病気が治る」「笑顔を意識することでガンがなくなった」などの話を聞いたことがありませんか。じつは、これは本当の話。

笑顔というのは、本当に体内に影響を及ぼし、病状を和らげる効果があります。笑顔でいると副交感神経が上がり、リンパ球も活性化し、それだけ免疫力が高まることは実験でも証明されています。さらにおもしろいことに、「本当の笑顔」でなくても、「つくり笑い」でも同じような効果があります。

たとえば今、何か嫌なことがあって、イライラしたり、落ち込んでいるとします。当然このときは交感神経が上がり、血流が悪くなっています。

こんなとき無理やりでもいいので口角をキュツと上げ、「笑顔みたいな表情」をつくつてみてください。それだけで自律神経は反応し、副交感神経は上がってきます。「口角を上げる」という行為がスイッチとなって、自律神経が整うように体が反…応しはじめるのです。

大事なのは「スイッチを入れる」という意識。本当の笑顔でなくても、「笑顔みたいな表情」をつくつて、副交感神経を上げようという意識が一番大事なのです。

自律神経は伝染する

笑顔というのは、自分のみならず、周囲の人たちにも大きな影響を及ぼします。人と接するときにはできるだけ穏やかな雰囲気で迎えるようにしています。

人が部屋に入ってきた瞬間、もししかめっ面をしていたら、それだけで相手の方は緊張し、交感神経が跳ね上がってしまいます。病気を治すためにここまで来ているのに、怖い顔を見て、血流を悪化させるようでは逆効果。

だから、私は笑顔を心がけ、自分はもちろん、相手の自律神経をも整えようと意識しているのです。このように自律神経は伝染します。

誰かが腹立たしげに、乱暴に振る舞っていれば、その緊張感が周囲に伝わり、周りの人まで交感神経が高まってしまいます。そんな人が1人いるとチームの生産性は下がるので、周囲を緊張させてしまいがちな人は意識して笑顔をつくる必要があります。

スポーツでも、仕事でも「チームワークが大事」「うちの自慢は職場の雰囲気です」などとよくいいますが、それは医学的にも正しい考え方。あなたが笑顔になって副交感神経を高めれば、周囲にも伝染して、グループ全体が優れたパフオm- マンスを出しやすくなります。

集団をまとめるマネジャーやプロジェクトチームのリーダーを任されるような人は、特に「自律神経は伝染する」「それが結果に反映する」ということを覚えておいてください。

自身の能力を発揮するのはもちろん、チーム全体のパフォーマンスを高めるためにも「笑顔」(あるいは、笑顔のような表情)が必要なのです。さっそく鏡を見て、キュツと口角を上げてみてください。

大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発に

日常的に必要なのは「コンディショニング運動」

健康には適度な運動が必要。そんなことは医者にいわれるまでもなく、誰もが知っているでしょう。ここではもう少し掘り下げて、運動にはどんな種類と効果があるのかをきちんと解説しておきます。

一言で運動といっても、目的によって大きく3つに区別されます。それは「トレーニング」「コンディショニング」「ケア」の3つ。この3つは明確に区別しています。この3つはやり方も、目的もまるで異なるものだからです。

まずは、一般的な運動のイメージにもっとも近い「トレーニング」から解説しましょう。「ストレングス」と言い換えることもできます。
簡単にいえば、筋力や持久力など自分の体を強化するために行う運動。それがトレーニングです。スポーツジムへ行ったとき、ものすごい重量のバーベルを挙げている人をたまに見かけますが、あれがまさにトレーニング。

皇居の周りを走っている人のなかでも、タイムをきっちり計りながら、目標に向かって自分を追い込んでいる人。あれもトレーニングに分類ざれます。

続いて、「コンディショニング」とは、自分の体の状蕃を整えるための運動です。過度な負荷はかけないので、体が強くなることはありませんが、文字どおりコンディションが良くなり、自分なりのベストパフォーマンスを発揮できるようになります。
サッカー選手が試合前日に徹底的な走り込みをしたり、野球の投手が登板前日に200球の投げ込みをすることはありません。

試合前日にトレーニング(あるいはストレングス)は必要ないからです。そのとき彼らに必要なのは、いうまでもなくコンディショニング。

体の状態を整え、ベストパフォーマンスを出せる準備をすることです。

最後の「ケア」とは、ケガなどで弱っている部分を少しずつ修復していくための運動。トレーニングがゼロをプラスにする運動だとすれば、ケアはマイナスからゼロを目指す運動です。トレーニング、コンディショニング、ケア。

この3つの違いをおわかりいただけたでしょうか。

「ゆっくり、意識して、リズミカルに」歩く

「ゆっくり生きる」ためにおすすめするのは「コンディショニングの運動」です。最初に断っておきますが、日常的にランニングをしたり、ジムへ行くなど、いわゆるトレーニングをしている人はそのまま継続してもらえればいいと思います。

ですが、ふだんほとんど運動をしていない人は、あくまでも「コンディションを整える」という目的で、ちょっとした運動を日常生活に取り入れてください。その際に、最適なのはウォーキング。

歩くというのは、手軽ですし、自律神経を整えるうえでもとても効果的。歩く際の「タッ、タッ、タッ」というリズムが自律神経を整えてくれます。あまりハードに歩くとトレーニングに近くなり交感神経が上がってきますが、ゆっくりリズム良く歩いていると、副交感神経が上がってきます。

「ゆっくり、リズム良く」という以外に特別な「歩き方」はありませんが、1つだけ気にしてほしいことがあります。それは「意識して歩く」ということ。きたここでの目的は、筋力を鍛えることでも、やせることでもありません。あくまでも自律神経を整え、血流を良くして、本当の健康状態を取り戻すためのウォーキング。そのことをしっかり意識して、歩いてください。

この「意識」というのが意外に大事です。よく、筋トレをするときに「鍛える箇所を意識すると効果が上がる」といいますが、それは自律神経も同じ。「自律神経を整えるために歩くんだ」「落ち着いて、リラックスして、副交感神経を高めよう」と意識をすれば、それだけ効果は高まります。
その意識を持った瞬間から自律神経が整いはじめるほど「意識と自律神経」は密接につながっています。同じ歩くなら「意識して歩く」。ぜひ忘れないでください。

「階段の日」をつくるだけでも効果的

運動というと、トレーニングウェアに着替えて、ジョギングシューズを履いて、何十分もストレッチをして…などと考えがちですが、ここでおすすめするウォーキングはもっと手軽で十分です。

通勤、帰宅などの移動中には「エレベーター、エスカレーターを使わない」というだけでもOK。コンディションを整えるのに過度な気合いは不要です。通勤時、駅までの道のりを「コンディションを整えよう」「副交感神経を高めよう」という意識を持ちながら、ゆっくり、リズミカルに歩く。これだけでもいいのです。

そして、できればエスカレーターを使わずに階段を使う。これもなかなかおすすめです。すべての箇所で階段を使うのが困難なら、「この部分だけは階段を使おう」「火曜と木曜は階段の日にしよう」というやり方でも構いません。

あるいは、会社帰りに1つ手前の駅で降りて、その範囲をウォーキングで帰るという方法もいいでしょう。いずれにしても、コンディションを整えるのが目的ですから、無理のない範囲で、継続的に行うことがポイントです。慣れればとても気持ちがいいので、ぜひあなたの生活に取り入れてみてください。

病院に行きたくない理由

健康習慣からは少し離れるかもしれませんが、「医者とのつき合い方」についてちょっと触れたいと思います。そもそも、あなたは医者とどんなふうにつき合っているでしょうか。たいていの人は「体調が悪い」「風邪で熱が出た」となったときに近くの病院へ行き、薬をもらい、その症状が治まればそれで終わり。そんな感じで医者とつき合っているでしょう。

ですが、私はもう少し「医者との関係」を意識的に変えていく必要があると考えています。たとえば30年くらい前なら、どんな土地にも「町のお医者さん」がいて、子どもから大人までみんなが顔見知りで、それぞれの家族構成や病歴まで把握してくれていたものです。

現代とは「医者との距離感」がまったく違っていました。もちろんそんな距離感を今の時代に再現するのはむずかしいでしょう。とはいえ、もう少し上手に医者とつき合う方法があるはずです。

朝の健康チェック」について紹介しましたが、仮にあなたが「軽いめまいが4~5日続いている」とします。仕事へ行けないことはないが、体の不調は続いている。
そんな感じの状態です。

決してめずらしくないケースです。このくらいの症状のとき、あなたはすぐに「病院へ行こう」と思えるでしょうか。私の経験でいえば、そこまで医者を身近に感じている人はまれ。やはり「ちょっと面倒だな」「どこの病院へ行けばいいんだろう?」などと考え、ついついさきの先延ばしにしてしまう人が圧倒的に多いです。

でも、もしそんなとき、身近に感じる医者がいれば「ちょっと先生に診てもらおうかな」と比較的気軽に病院へ行くことができるはず。

この気軽さがとても重要です。すでに述べたように、病院へ行ったところで深刻な病気が見つかる確率はせいぜい5%。たいていは「ちょっと疲れているみたいだから、残業もはど朋ほどにして、1週間くらいはお酒も控えること」と言われて終わりです。そんな安心を「町のお医者さん」がくれるのです。

信頼する医者に「大丈夫」と言われれば、本当に安心できるものです。そして、安心さえできれば多少体が疲れていても、副交感神経のレベルが上がり、体調も、気分も良くなってきます。どんなに医学が進歩しても、「安心をくれる存在」が遠ざかってしまったらその効果は半減です。

時代錯誤と思われるかもしれませんが、ほとんどの人が忙しく「副交感神経を下げる日常」を送っているからこそ、意識的に病院へ通い、「かかりつけの医者をつくる」ことがとても重要だと、思えてならないのです。

病院は「安心」をもらえる場所

「朝の健康チェック」の項目で、5日間問題が続いたら、1週間以内に病院へ行くというルールが大事だと紹介しました。このルールは本当に大事です。

ですが実際、どのくらいの人がルールを守ってくれるでしょうか。「健康チェック」自体は、かなりの人がやってくれるかもしれません。
しかし、「5日以上問題が続いたら、すぐに病院へ行く」という部分はなかなきぐか守ってもらえないのではないかと危倶しています。

実際、ここはかなり高いハードルでしょう。なぜ、人はそんなに病院に行かないのか。その理由をいろんな人に尋ねてみると、たいていの人が「忙しいから」と答えます。確かにそれも事実でしょう。ですが、その「忙しい」もじつは方便の1つで、本当は「心のどこかで病院を怖がっている」ということがよくあります。

「もし、深刻な病気が見つかったらどうしよう?」その思いが先に立って、なかなか病院へ向かえないのです。気持ちはものすごくよくわかります。

事実、仕事は忙しい。それに加えて、「痛くて痛くてどうしようもない、といぅほどではないし 」「仕事ができないわけでもない」などといろいろ理由をつけて、結局は問題を先送りにしてしまうのです。

あなたにも身に覚えがあるはずです。しかし、それは2つの意味で間違っています。まず1つ目。そもそも「痛み」というのは病気の症状のなかでもかなり後半に訪れるもの。

「痛みがあるから病院へ行く」「熱が出たから病院へ行く」というのでは、手遅れになる可能性があります。朝の健康チェックでもわかるとおり、痛みが出る前には必ず何かしらのサインを体は発しているものです。

そのサインを見逃したり、意識的に目を背けて、そむ「痛み」が出るのを待っていても良いことなど1つもありません。痛みが出てから受診した人は、は口を揃えて「もっと早く来れば良かった」と言います。

せめて、あなたは同じ過ちをしないでください。病院へ行くのを先送りにしてしまうことの問題の2つ目は、「不安を先送りにしても、いいことなど1つもない」という点です。

病院が怖いのは誰もが一緒です。「深刻な病気が見つかったらどうしよう?」という不安も十分に理解できます。しかし、不安を先延ばしにするくらいなら、病院へ行って安心をもらったはうがはるかにマシです。

病院とは、「行く前は不安」でも「行った後は安心できる」場所です。病院へ行った後、もし不安が増大するようなら、そんな医者のところに行くのはやめて別の病院へ行けばいいのです。

病気の発症しやすい40代、50代は、ただでさえ忙しく、社会的にも、家庭のなかでも「なくてはならない存在」です。だからこそ「病院へ行っている暇はない」ではなく、「定期的に病院へ行って、安心してバリバリ働けるようにする」という意識、習慣、考え方を身につけてほしいのです。

今からでも遅くはありません。日々の安心のために、ぜひともかかりつけの医者をつくりましょう。その医者が必ずあなたに安心をくれるはずです。

体のサインを知る4つのポイント

今よりもう1つ上の健康を手に入れるために、ぜひとも行ってはしいのが「朝の健康チェック」です。はあく健康を維持するために必要なのは、「自分の状態を把握すること」。
これはとても大切です。「今、自分の体がどういう状態なのか」「どこかにサインは出ていないか」をチェックする。すべての健康法はここから始まります。

しかし、「健康チェックが大事」といわれても、「いつ、何を」チェックすればいいのかわからない。そう感じている人も多いでしょう。

確かに、そこはむずかしいところ。健康チェックは細かくやればキリがないので、ここではあえて「朝、この項目だけはチェックするべき」という4項目を挙げておきます。とりあえず、これだけやれば大丈夫という4項目です。

その1、極端に疲れていないか?

初のチェック項目は「疲れすぎていないか」です。朝、目が覚めたとき「疲れて、起き上がるのが本当に辛い」と感じることがあるでしょう。

こんな日はこの項目にチェックが入ります。そのほか、胸焼けがする、お腹のあたりに不快感がある、めまいがするなどの症状が感じられるときも、要チェックです。ただし、ここで断っておきたいのは「チェックが入ったから即病気」というわけではありません。

そもそもこの「朝の健康チェック」には2つの目的があります。1つは自分の状態を知ること。毎日チェックしていれば「疲れ、むかつき、めまい」などの症状にも日々変化があることに気づきます。

一言で「疲れている」といっても、ひどいときと軽いときがあり、そのレベルを自分で知っておくことが大切です。そして、目的の2つ目は「病気のサイン」をキャッチすること。

40代、59代にもなれば、何日かに一度くらいは「ひどく疲れて起き上がれない」「軽いめまいがする」くらいのことは正直あります。

10代、20代の頃とは体が違うのです。だから、その日に「チェックが入った」からといって、即座に心配する必要はありません。1日、2日チェックが入ったとしても、3日目に状態が改善されているなら特に問題ありません。

ですが、「疲れて起き上がれない」「胸焼けがする」「めまいがする」などの症状が5日続いたら、何か病気のサインかもしれません。

そんなときは、1週間以内に病院へ行ってください。「問題が5日以上続いたら、1週間以内に病院へ行く」と自分のなかでルールを決める。
これがとても大切です。しかし断言しておきますが、病院へ行っても90%以上の確率で何の病気”も見つかりません。朝の健康チェックで5日間問題が続いたくらいでは、それほど深刻な病気など見つかるものではないのです。

でも、その段階で病院へ行く。これがものすごく大事なのです。理由は安心できるからです。「ゆっくり生きる」を実践するために、もっとも大事なのが「安心」。です。

日常に「不安」があると、当然自律神経は乱れます。すると、仕事のパフォーマンスは落ち、ひいては病気を引き起こします。仮に「朝の健康チェック」で五日間問題があったとしても、90%以上は、何もないのですから、怖がらずに病院へ行って「安心」をもらってきてください。

そして、もし残りの場合だったとしても、病気が早期発見できたのですから、これこそ本当にラッキーです。最近の医学なら、早期発見さえできればほとんどの病気を治すことができます。

いずれにしても、朝の健康チェックをして5日間問題が続いたら1週間以内に病院へ行く。この習慣(あるいはルール) をぜひとも守ってください。

その2、「尿と便」をチェックする

チェック項目の2つ日は「尿と便のチェック」。朝一番に尿と便の確認をしてください。まず、尿のチェックポイントは色。ふだんの尿に比べて、極端に濃くなっていないか、血が混じっていないかをチェックしてください。

尿の色も日によって微妙に違いますが、極端に濃い尿が五日続いたら病気のサインかもしれません。それと、尿の出方も要チェック。

一気に、スムーズに出ていればOKですが、細切れに尿が止まり、一度に出な”いようなら、何かしらの疾患があるのかもしれません。

続いて、便に関してですが、こちらもまずは色をチェック。どす黒い便になっていないかどうかを確認してください。それと、きちんと形になっているかも要チェックです。ゆるい便、硬い便などげりの違いがあるでしょうが、形にならず下痢に近い状態であれば、とりあえず問題アリと見なしましょう。

これも1日問題があったからといって気にする必要はありませんが、5日続いたら病院で検査してもらいましょう。また、便秘と下痢を繰り返している人も一度病院で検査してもらったほうがいいでしょう。

便秘にはさまざまな原因がありますが、便秘と下痢を繰り返している場合、大腸にガンが見つかる可能性もあるので、念のため検査しておくに限ります。尿と便については、そのくらいチェックしておけばとりあえず大丈夫です。
日本人500万人が便秘で悩んでいる

その3、食欲はあるか?

3つ目は食欲。
これはじつに簡単です。単純に食欲があるかを自身でチェックしてください。「朝食は必ず食べるべき」と紹介しましたが、そもそも食欲があるのか、ないのかを確認しておくことは大事です。1日、2日「食欲のない日」が続くこともあるでしょうが、それが5日以上になるのならやはり問題アリです。

その4、体重測定する

最後のチェックは体重です。加齢とともに基礎代謝が減り、太りやすくなるのはよく知られていますが、何はともあれ1日1回、同じタイミングで体重計に乗ることはとても大切です。

ダイエットをしている人はもちろん、その必要のない人も健康チェックとして体重を把握しておいてください。ある程度の年齢になったら、体重は、増えないことも、減らないことも大事です。特に何もしていない(思い当たることもない) のに、体重がコンスタントに減っていくのは問題です。

もともとの肥満度合いにもよりますが、腸内環境をきちんと気遣うダイエットをすれば、5kgくらいはすんなりと落とすことができます。ですが、それ以上に体重が落ちるのは、体の構造からいってやや問題があります。

そんな兆候が見つかったら、やはり一度、医者に相談すべきでしょう。

以上が毎朝チェックするべき4項目です。簡単なので、早速始めてみましょう。

休日をゆっくり過ごすためにゆるやかな計画性が大切

最後は「休日について」です。休日くらい何の予定も入れず、1日ダラダラ過ごしたい。そう思う人も多いでしょう。しかし、医者の立場からいって、その休日の過ごし方は最悪。疲れがとれるどころか、かえって疲労が増すことすらあります。

誤解しないでほしいのですが、なにも私は「休日も活動的に行動しなさい」といっているのではありません。家でゆっくり、のんびり過ごすのも大いにけっこうです。

初心者にもわかりやすいコンテンツ – 健康&美容(休み)

ただし、そこに「ゆるやかな計画性」があることが大切です。平日に「睡眠の日」をとることが理想ですが、できない人も多いでしょう。

そんな人には「せめて休日は、目覚まし時計をかけず、眠りたいだけ眠ってください」声を大きくしたいと思います。それだけ聞くと、無計画な休日の過ごし方だと思うでしょうが、違います。

「目覚まし時計をかけずに眠る」という計画が立っていることが、とても大事な“のです。「なんだ、そんなことか」「詭弁じゃないか」と軽視しないでください。

繰り返しになりますが、現代人に必要で最大の目的は「ゆっくり生きること」です。そしてすでに述べたとおり、「ゆっくり生きる」には「安心こそ不可欠です。この「安心」というところに注目してください。

そもそも人間というのは「この先どうなってしまうのだろう?」という不安や「どうしてこんなことになってしまったのだろう?」という後悔によって、自律神経を大きく乱してしまいます。

交感神経が跳ね上がり、血管が収縮し、一種の緊張状態に陥ってしまいます。不安や後悔が体に直接悪影響を与えるのです。この状況を回避するのに必要なのが「計画性」。

休日ならば「ゆるやかな計画」でもいいでしょう。もし、あなたが無計画に休日を過ごし、なんとなく1日をダラダラ過ごしてしまったとします。そんな夜「明日からまた仕事だ」という時間になると、「ああ、今日も1日無駄に過ごしてしまったなぁ…」と後ろ向きな気持ちになります。

本来なら、安心し、リラックスして副交感神経が上がり、徐々に体が睡眠の準備を始める時間なのに、「いやぁ〜な気持ち」「ちょっとした後悔」が脳裏をよぎり、自律神経のバランスを崩してしまいます。どうせダラダラ過ごすなら、休日の前の夜から「明日は完壁にダラダラした1日を過ごす」と決めておくことが大事です。

人間とは不思議なもので「計画を立てた瞬間」、それだけでひと安心できます。そして、その計画がどんなものであれ、ある程度遂行されると「ああ、良かった」とさらにもうひと安心できます。

同じ「ダラダラした1日」でも、それが「計画されていたのか、そうでないの8か」によって、自分自身が抱く印象がまったく違ってしまうのです。

休日の中身は何でも構わないので「(ゆるやかにでも) 計画的に休日を過ごす」というスタイルをぜひとも取り入れてください。

リフレッシュパターン

計画的でさえあれば「1日中ダラダラ過ごす」のも構いません。しかし本当のことをいえば、40代、50代になって1日中ダラダラ過ごすと、たかえって疲れを溜め込む可能性が高い。これはぜひ覚えておいてください。

「若い頃は夕方まで眠れたのに、歳をとるとそうもいかない」という実感を持っている人も多いでしょう。眠りつづけるのも、ダラダラしつづけるのも、じつはけっこう体力がいるのです。目覚まし時計をかけないといっても、たいていは昼の12時前には起きてしまうもの。その際に、後の計画が立っていないと、結局はダラダラとした時間が続いてしまいます。
その「無計画なダラダラ」に陥らないためにも、自分なりの「リフレッシュ・パターン」を見つけておくことが大切です。

釣りにいくのでも、ショッピングに出かけるのでも構いません。自分が気持ちよく過ごせて、過度に疲れないパターンを見つけておけばOKです。

もちろん、それらも計画的に行うのがポイント。スケジュールをがっちり組んで、分刻みで行動する必要はありませんが、「夕方4時までに買い物は終わりにしよう」「2時間は○○を楽しもう」という程度の区切りは持っておくべきです。そのはうが安心して楽しめますし、変に疲労を溜めずに済みます。

自分なりのパワースポットを決めて、休日にはそこへ訪れるようにしています。パワースポットといっても、お気に入りのカフェだったり、ビルの屋上だったりするのですが、そこで本を読みながらコーヒーを飲んでいるのが最高のリフレッシュ・パターンなのです。

わざわざ数値を測らなくても、副交感神経が上がり、自律神経のバランスが整っていることを感じます。

気に入りのコースを散歩するのも良し、公園で午後のひと時を過ごすのも良し、友達と会っておしゃべりするのも良し。あなたにとってのリフレッシュ・パターンを持ち、計画的であることが、休日を上手に過ごすコツです。