いいかげん=良いかげん

必死になればなるほどうまくいかなくなるのは?

物事はまじめにやればやるほどうまくいかないことがあります。こんなに真剣に向き合って真正面からぶつかっているのになぜか?はぐらかされているようにうまくいかないことがありますね。

「あなたって、いいかげんな人だね」と言われて落ち込んだことはありませんか?または「あの人はなんていいかげんな人なのだろう」と腹立たしく思うことはありませんか?

この場合の「いいかげん」とは「無責任」という意味で、たいていは良い意味に使われません。しかし、この言葉にはもうひとつ「よい程あい」という意味もあるのです。つまり「いいかげん」は「良いかげん」なのだとも言えるのですね。

囲碁に親しんでいる方はよくご存じでしょうが、囲碁ではこの「いいかげん」の精神がとても大事だとされています。

囲碁では、自分と相手が交互に白と黒の石をひとつずつ置いていき、各々の石で囲った地盤、陣地の広さで勝負が決まります。

このとき相手を「攻める」目的で置いた石が、同時に自分を「守る」ことにもなるのが囲碁のおもしろさなのだそうです。

つまり、欲張って自分の陣地を広げようとし、相手を攻めすぎると、同時に自分の弱いところを作ることになります。だから、攻めも守りもほどほどにして、陣地を確保できる「いいかげ」 のところに石を置き、最終的に広い地盤を確保するのがよい勝ち方なのだそうです。

これは、わたしたちの人生にもあてはまるのではないでしょうか。悩んで苦しむ方は、多くが「完壁性」で「他人が自分をどう評価するか」をもっとも気にすることです。

そんなタイプの人が、負担がかかりすぎてやがて心身にひずみが生じやすいのは、まぎれもない事実です。

仕事の上ではノルマを達成するのはあたりまえなのでしょうが、それをいつも実行できる能力のある人は、いったい全体の何%くらいるでしょうか。一生懸命やって、どうしても目標が達成できなかったとしても、自分なりにべストを尽くしたのだったら、それなりの充実感や満足感は得られたはず。次の機会にまた、頑張ればよいのです。

いつまでも「できなかった」というマイナスの気持ちを引きずっていても、ますます事態は悪い方向に転がっていくだけで、なんの利益もありません。どんなことでも「完全無欠」なんて、ありえないことなんですから。すべてが思うように運ばないのが現実です。「こんなはずではなかった」「もっとできるはずだ」とこり固まった頭で考えていてもうまくいくはずがありません。

むしろ、肩の力を抜いていたときのほうが、いい結果が出たりするのです。また一見、矛盾することのように思えますが、気力や体力は、頑張りよりもむしろリラックスから生まれることをご存じでしょうか?

ものごとをパーフェクトにこなさなければ気がすまない、人並みはずれて几帳面だ、または人よりも緊張しやすいという人に贈りたいのは「努力逆転」という言葉。これは「一生懸命になればなるほど失敗してしまう」という意味なのですが、つまり、いつも肩に力を入れていては、なにをやっても本来の力を発揮できない。そればかりか、思ってもいないマイナス方向へものごとが進行してしまいやすいということです。

欲張りすぎて完壁を目指すと、どこかに無理が生じるものです。その無理を重ねていけば、結局人生が台無しになってしまいかねません。そしてもうひとつ、リラックスが「人間の魅力」を引き出すための大きな力になっていることをご存じですか?

周囲を見まわすと、同じ年齢なのに「若々しくてキラキラ輝いている人」と、その反対に「なんとなく精彩がなく、老けて見える人」がいるでしょう。

ルックスのよしあしは関係ありません。内面からの輝きとしか言いようがありません。では、なぜそんなに差があるのかとわたしなりに観察してみたところ、若々しくはつらつとした人たちには共通の特性があることがわかりました。それは、「フレキシブルな考え方ができて好奇心が強い」こと、「みずみずしい感受性と行動力がある」こと、「自分の目標を持ち、そのための努力をおしまない」こと、「前向きで積極的な考え方ができる」こと、などです。

そして、これらの最後にぜひつけ加えたいのは、「頑張りすぎない」ことと「緊張が少ない」こと。つまり、リラックスしてのびのびと生きている、ということなのです。ここまで読んで「よおし、キラキラと輝く人になるゾ、そのためにはリラックスだな」と意気込んだ人はいませんか?

ほら、もう肩に力が入ってしまっています。大きく息を吐いて、力を抜いてみましょう。さぁ、ここで最初の言葉を思い出してください。

『いいかげん=良いかげん』70% くらいの力でリラックスして生きることが、「好い加減」の人生につながります。

人生に起きる良いことや悪いこと、成功や失敗のバランスは、最終的にはどこかでつじつまがあうものです。「けっこう幸せだな」と思える人が、本当はいちばん幸せなのかもしれません。

生き方を決めているのは「習慣」

「心のクセ」が幸せにもなり不幸にもなる

「この性格は生まれつきだからしかたがない」とつぶやいたことがありませんか?.たしかに人間には、生まれたときからすでに持っていると言われる「気質」があって、それはたとえば、.躁うつ質、粘着質、分裂質というように大別されることもあります。

でも、そのほかに育っていくうちに後天的につくられるものがあり、それは「環境性格・学習性格」と呼ばれています。これは木の年輪のように、年齢を重ねるとともにだんだんできていくものです。

たとえば、一卵性双生児であっても、違う環境で育ったり教育を受けたりすると、まったく性格や人格が異なってきます。また、人間はその仕事にあった条件や雰囲気を自然に身につけていくものです。

これは「役割性格」と言われます。たとえば営業マンなら営業マンらしく、先生は先生らしくなっていくことは、あなたもよくご存じでしょう。

つまり人間の性格は、後天的なものに大きく左右されるのです。いろいろな説がありますが、なんと「90% 以上は後からつくられた性格」とも言われます。

これは言いかえれば「性格は変えられる」ということです。生まれつき持っている「気質」を変えるのはむずかしくても、育っていくうちにつくられた性格、仕事で身についた性格は、比較的変えやすいものなのです。

もしもあなたが、いまの自分を好きになれなかったり、変わりたいと望んでいるのなら、これを活用しない手はありません。整形外科の手術を受けるように一度に劇的に変わることは無理でも、お菓子職人がパームクーヘンの薄い層を一枚ずつていねいに焼きつけていくように、毎日ほんの少しずつ好ましい雰囲気や生活習慣を身につけていけば、徐々に自分を変えていけるのです。

それには、よい「心のクセ」をつけることがとても大切!「習慣は第二の天性」と言うではありませんか。

よい「心のクセ」で毎日を過ごすことを習慣にすると、いつの間にか深くしみこんで、生まれつきの性格のようになっていきます。毎日を不満や不安を感じやすい心で過ごすのと、見過ごしやすい小さな幸福感や自信を見っけながら過ごすのとでは、人生に大きな差が生まれます。

反対に、あまりよくない「心のクセ」を持っていることに気づかないままでいると、それが少しずつマイナスの方向に向かい、ついには一生を棒にふることにもなりかねませんから自分の心の中をのぞいたり、生活習慣をふり返ってチェックしてみることも必要です。

ある女性の例を紹介しましょう。そこそこ恵まれた環境に育ち、恋人もいる素敵な女性なのですが、本人はなんとなく仕事も毎日の生活もおもしろくない。自分自身でも何が不満なのかわからないため、イライラはつのる一方で、だんだん人に会うのもおっくうになってしまいました。

そんな状態を脱したくいと考えていました。もともと素直な性格の方でしたので、自分にとってプラスの言葉をくり返し声に出し、なりたい自分のイメージを心の中に描いてもらうことで、カウンセリングを終わる頃には生き生きとした明るい表情になって帰って行きます。

また、その方法を家でも毎日、実行してもらうようにしました。ところが、次に会うと、また無気力な表情に逆戻りしているのです。そんなことのくり返しが続きました。

彼女は、毎日きちんと教わったことは実践していて、そのときはとても晴々とした気持ちになるけれど、一晩寝るとダメなんです、と言うのです。よく話を聞いてみると、彼女には毎晩、寝る前に1日をふり返って反省する、という習慣がありました。1日を反省し、二度とあやまちをくり返さないようにするなんて、一見、すばらしい習慣のようです。

でも、彼女の場合はそれが深く後悔するクセとなって、知らないうちに「私はなんてダメな人間なんだ」とマイナス・イメージを心に毎日インプットしていたわけなのです(この(悪) 習慣に気づき、すぐにやめてもらったところ、彼女の様子がガラッと変わったことは言うまでもありません。

プラス・イメージをインプットする、よい習慣だけを毎日実行してもらうことで、自信を取り戻すわたしのとても好きな言葉のひとつ詣できたのですね。

「希望、昼に努力、夜に感謝」セいうのがあります。

同じ1日を過ごすのならば、目覚めたときにはその日に出会えそうな素晴らしい出来事を予感して気分よく活動をはじめ、日中はその予感を実現させようと頑張ってみる。

そして、眠るときには、その日出会った楽しかったこと、驚いたこと、ワクワクしたこと、少し自信が持てたことなどを思い浮かべながら、1日を無事に過ごせたことに感謝する習慣を持ったほうが、ずっと素敵です。

そんなよい「心のクセ」のつけ方をいくつか細介したいと思います。これらの「心のクセ」に共通しているのは、どんなときにもできるだけものごとをプラス方向に考えてみようということ。もしも気に入った「心のクセ」に出会えたら、そんな心で毎日を送ることを習慣にしてみてください。きっと人生が、もっと楽しく過ごしやすいものになりますよ。