自分の中の やさしさ や 愛情 を引き出す 色

自分の中の やさしさ や 愛情 を引き出す 色 というのはどういった色でしょうか? ピンク は自分自身を「癒す」パワーを持つ色です。自分を愛し、認めて、やさしい気持ちで満たしてくれる ピンク は、また、同時に他人を愛する気持ちを自然と引き起こさせる色であるとも言えます。

ピンク色で人づきあいがうまくいく

自分の中に閉じ込めていた やさしさ や 愛情 が、 ピンク の呼吸をくり返すうちに殻をとかしてにじみ出ていき、まわりの人の気持ちもまるくすることができるなんて、ステキなことだとは思いませんか?

ここで紹介するのは、そんな2つのケースです。高校一年生のA子さんの例です街を歩いてもかなり人目を引きそうな、かわいらしい顔立ちです。とても明るくて元気で、若いっていいなぁ、きっと学校でも人気者なんじゃないかしら…と思えるお嬢さんです。

お母さんも「親から見ると、やさしくて明るい子ですのに、友だちができないんです。もしも親や本人に気づかない心理的な原因があるのなら、それを取り除いてやって、なんとか楽しい学校生括を送らせてやりたい…そんな一心です。

本人も学校へ行くのがつらく、できれば転校したいと思っているようです。高校に入った頃は友人もいたのですが、ある日、パタッと誰も近寄らなくなった、と言うのです。彼女の方から話しかけても返事をしてくれない、スーツと離れていってしまうのだそうです。

わけがわからなくて、さみしくて、精神的にかなりまいってしまいました。本当に思い当たることはないの?と聞くと、学校でC 子さんが周囲の子にプレッシャーをかけて彼女を孤立させようとしているみたい… でも、なぜ、そんな風にされるのか、まったくわけがわからないのだそうです。

A子さんの性格テストの結果は分裂気質。繊細さと鈍感さが同居していますので、知らないうちにC 子さんを傷つけるようなことをしていたのかもしれません。自分が被害者だと思っていても、悪気なく加害者になっていることもあるかもしれません。

そして、授業中でもなんでも、C 子さんを見るたびに濃いピンク色の霧で包んでごらんなさいと、呼吸法と一緒に行いました。

するとマジックのようですが、「クラブで友だちができた」、その後、「C 子さんが声をかけてきた」、そしてなんとついに「C 子さんがあやまった」そうです。

A 子さんの天性の明るさやかわいさに対する、思春期特有の嫉妬心からのことだったらしいのですが、A 子さんのほうも気づかずに、それを鼻にかける言動があったのかもしれません。

ピンクをイメージするたびにA 子さんには脳内アヘンといわれるドーパミンが分泌され、やさしい気持ちが湧き出たと思うのですが、それが友人関係の潤滑油となったのでしょう。

もう一人、人間関係をスムーズに運ぶためにピンク色の呼吸を勧めた27歳のY子さんの場合はもっと深刻でした。はじめて会ったときの印象からは若さが感じられず、話していても反応が素直ではなく、なんだかひがみっぼいのです。

職場でも居心地が悪かったようで、あまり人と接しなくてもよさそうな仕事につこうと考え、トレーサーになるために職業訓練校に通いはじめた頃でした。

仕事のことはそう割り切れても、ひとつだけ、どうしてもこのままではイヤだと思うことがあったのです。それは、男性恐怖症で、男性とは口もきけないということ。

恋人だって欲しい若いY 子さんにとって、これは重大な問題でした。原因は子どもの頃のこんな体験にありました。母親を早く亡くした彼女は妹とふたり、親戚の家で育ったのですが、あまり幸せな暮らしではなかったようです。あだ名は「バイキン」。決定的に心が傷ついたのは中学三年のときで、同級生の男の子の落とし物を拾ってあげたところ「バイキンがさわって汚い」と言われたことでした。

以来、男性への不信感、清疑心、恐怖心で、男性に対すると石のように固まり、緊張してしまいます。それが高じて、人や物すべてに対して敵対心が生まれ、短気で攻撃的になってしまう自分自身にも、ほとほと嫌気がさしていたのです。そんなY 子さんに、イライラしたときにはピンク色の呼吸をすることをはじめました。

そして、まず自分に対してやさしい気持ちを持つ、そして自分を好きになることから始めて、他の人にやさしく接する場面をイメージしてもらうことにしました。植物に水をやる、電車でお年寄りに席をゆずる、そんな日常生活のイメージを毎日、思い描いてもらっているうちに、実際にもお年寄りにやさしい声がかけられるようになったり、セントポーリアの花鉢を丹精込めで育てるなど、少しずつですが変わりはじめました。

そして、つい先日のこと。タッタッと階段を駆け上る音が聞こえたかと思うと勢いよくドアが開き、Y 子さんが飛び込んできました。明るい目で、別人のようにハツラツとしています。ついに、昨夜、はじめて男の人と話せたそうです。

新しい職場の飲み会で、お酒の助けもちょっぴりはあったようですが、Y 子さんには画期的なことでした。ピンク色が彼女の心の傷をそっと癒しはじめてくれているようです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です